Ubisense myWorldの特長

myWorld は柔軟に対応できるように設計されているので、お客様特有の組織構造にも容易に適応できます。今日、直面しているお客様固有のニーズやビジネス課題に対する効率的な解決を支援します。


シンプルなユーザーエクスペリエンス

myWorld を使用すれば、社内のすべての人がマップや空間データ、その他のタスク関連情報を有効に活用できるようになります。これにより、それぞれが置かれた状況をしっかりと認識し、仕事の品質を改善することができます。

これを実現するのが、myWorld のシンプルで直感的なGoogle マップ形式のインターフェイスです。誰でもトレーニングなしでmyWorld の主な機能を使うことができます。組織内の95%を占めるユーザーが、複雑なビジネスシステムの知識を持っていなくても簡単に利用できるように、従来のGIS の多くのコンセプトを再考し、煩雑なオプションに振り回されることがないようにしました。

「シンプルなのにスマート」なmyWorld の機能の例として挙げられるのが、直感的な1つのボックスで行う検索機能です。ユーザーが電柱やバルブ番号、アセットID、顧客名やアカウント番号、住所や交差点など、検索する任意の値を入力するだけで、詳細なクエリが実行されます。

高いパフォーマンスとスケーラビリティ

どんなに複雑でも、myWorld は驚くべき速さで地図を作成します。

マップレイヤーをマップのタイル内にプリレンダリングして独自の最適化を行い、大規模な本番環境における効率的な作業、製品出荷の優れた性能と拡張性を実現します。

myWorld は、供給停止、作業員の位置情報、故障情報などのリアルタイムデータを臨機応変にすばやくレンダリングすることができます。

これらの高速マッピング機能を使うことにより、現場とオフィスのチームがほぼ瞬時に必要な情報にアクセスできるので、生産性をスピードアップし、無駄な時間を減らすことができます。

既存のデータ資産を最大限に活用

myWorld は、従来のGIS と連動して動作するように重点的に設計されています。

すでに実施されている設備投資を活用し、詳細なネットワークアセットデータのマスターソースの整合性を維持することができます。

本製品は、GE Smallworld、Esri、Intergraphと互換性があり、簡単に拡張することが可能で、複数のソースからデータを集約して別のシステムで作業することができます。

この強力な機能により、統合された社内のデータが他部門と連携されていなかったり、1 つのビジネスで複数のGIS 製品が使用されたりといった問題を完全に解決できます。

これらのソースGIS のいずれかを使用した場合、既存の記号表示(またはスタイル)やスケール依存の表示設定も、元のGIS で表示されるとおりにmyWorld で表示されます。

myWorldで記号表示を定義し、異なるデータの可視化を作成する表示オプションもあります。

オンライン・オフラインで利用できるシンプルなUI

現在あるどんなWeb ブラウザでも実行可能で、瞬時に無線のデータ接続に切り替えて、タブレットやスマートフォンでmyWorldを使うことができます。

インターフェイスをモバイル用に最適化するので、小さい画面で使用してもユーザーエクスペリエンスには影響しません。

企業内で起こっていることをリアルタイムで表示し、その情報をオフィスと現場にいるすべての人に表示できるようにするには、このような適用性と接続性がとても重要です。

また、この革新的なブラウザベースのアプローチにより、myWorld の展開および管理がとてもシンプルになっています。

ネットワーク接続が失われた場合でも、myWorld は複数のモバイルプラットフォームにおいて、オンラインとオフラインでの実行をシームレスに切り替えることができます。

これを実現できるのは、関連データをユーザーが使用するデバイスに複製し、定期的にmyWorld の中央リポジトリと同期するからです。

迅速な情報共有を必要とする緊急に発生した故障修理作業などの場合も、ほぼリアルタイムで同期させることができます。

エンタープライズ データと外部データの活用

myWorld は驚くほど簡単に別のシステムと統合できます。

この統合プロジェクトは何週も何か月もかかるのではなく、多くの場合は数日で完了します。

この統合を行えば、GIS からの詳細なネットワークアセットが所属チームに表示されるばかりでなく、供給停止、ジョブ、作業員の位置情報、顧客情報など、センサーデータやネットワーク管理システム、および外部ソースからのほぼリアルタイムのデータが表示されます。

これらのさまざまなデータセットをすべて共通のマップビューに表示させることにより、多くの新たな見識が生まれ、広範なビジネスプロセスを最適化できます。

エンタープライズ ロケーション情報の可視化

ActiveDirectory / LDAP などの既存のIT システムを使用して、ユーザー、グループ、認証を管理します。

myWorld には、管理者がユーザーのデータや機能へのアクセスレベルを異なるレベルに付与し直して容易にユーザー管理を行うことができる、高度な認証システムがあります。

これにより、特に複数のエンドユーザーがいる場合など、myWorld のシステムを管理するのに必要な労力が軽減されます。